洋画

『パーフェクト・センス 』のラブシーン

更新日:

総合エッチ度:★★★★★(家族で見れません!)

予告映像

主な出演者

  • ユアン・マクレガー
  • エヴァ・グリーン
  • ユエン・ブレムナー

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):あり

下半身(おしり):あり

下半身(性器):なし

下着姿・その他:あり

  • 主人公のマイケル(ユアン・マクレガー)と一夜をともに過ごした女性の胸が映ります。
  • 主人公スーザン(エヴァ・グリーン)のヌードが映ります。

男性のヌード・下着姿

上半身:あり

下半身(おしり):あり

下半身(性器):あり

下着姿・その他:あり

主人公のマイケルのベッドシーンで、全裸が映ります。
性器も含め、全部見えます。

キスシーン

フレンチキス:あり

ディープキス:あり

主人公マイケルとスーザンの激しいキスシーンがあります。

ベッドシーン(濡れ場):あり

主人公マイケルとスーザンの激しいベッドシーンがあります。

エッチなセリフ:あり

  • 主人公マイケルの職場の同僚に「お前がセックスして捨てた女さ」というセリフがあります。
  • 主人公マイケルに
    「恋人ごっこをしてセックスしよう」
    「セックスして食事しただけ」
    「向こうへ行って仰向けになって足を開け」
    というセリフがあります。

その他:あり

主人公マイケルとスーザンが一緒にお風呂に入り、マイケルの髭を剃るシーンがあります。

総評

原因不明の奇病で、人類が徐々に五感を失っていく、というパニック映画です。
よくあるパンデミック映画とは異なり、ラブシーンが多用されています。

主人公のマイケル(ユアン・マクレガー)とスーザン(エヴァ・グリーン)のラブシーンはかなり多く、そしてエッチです。
ヌードも頻繁に映り、ベッドシーンもかなり激しいです。

そして、あまり映画で見たことはありませんが、男性器が普通に映り込みます。
しかもユアン・マクレガーのです。

あまりに激しいラブシーンが多く、とても家族で鑑賞できるような作品ではありません。
気まずくなること間違い無しです。
幼い子どもには見せない方がよいです。

あらすじ

“SOS”と命名された原因不明の奇病が世界中で爆発的にまん延し、感染者たちは嗅覚や味覚、聴覚などの五感を次々と喪失し、人類は存亡の危機に瀕していた。
そんな状況の中で出会ったシェフのマイケル(ユアン・マクレガー)と科学者のスーザン(エヴァ・グリーン)は、謎の病に侵されたまさにその瞬間、互いに惹(ひ)かれ合う。
しかし、謎の病の前に人類はなすすべもなく世界は終局を迎えようとしていた……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

『パーフェクト・センス』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2019/05/20時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, , ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.