洋画

『トランスポーター2 』のラブシーン

更新日:

総合エッチ度:★★☆☆☆(ギリギリ家族で見れるレベルです)

予告映像

主な出演者

  • ジェイソン・ステイサム
  • アレッサンドロ・ガスマン
  • ケイト・ノタ
  • アンバー・ヴァレッタ

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):あり

下半身(おしり):あり

下半身(性器):あり

下着姿・その他:あり

敵の親玉の恋人ローラ(ケイト・ノタ)が出演するシーンはほぼ下着姿です。
また、その下着の生地がかなり薄いので、映画の前半は胸が透けて見えているシーンが多いです。
さらに、後半のベッドで横たわっているシーンでは、胸が少し映ります。
さらにさらに、ベッドから起き上がるシーンで、下半身が一瞬丸出しで映り、お尻も丸見えになります。

男性のヌード・下着姿

上半身:あり

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:なし

  • 敵の親玉ジャンニ(アレッサンドロ・ガスマン)が稽古を終えた後、上半身裸になっているシーンがあります。
  • 敵の親玉ジャンニ(アレッサンドロ・ガスマン)が上半身裸でテレビを見ているシーンがあります。
  • フランク(ジェイソン・ステイサム)が着替えるシーンで上半身裸になるシーンがあります。

キスシーン

フレンチキス:あり

ディープキス:なし

敵の親玉ジャンニ(アレッサンドロ・ガスマン)と恋人ローラ(ケイト・ノタ)がフレンチキスをするシーンがあります。

ベッドシーン(濡れ場):なし

ベッドシーンは一切出てきません。

エッチなセリフ:なし

エッチなセリフは一切出てきません。

その他:あり

敵の親玉の恋人ローラ(ケイト・ノタ)がフランク(ジェイソン・ステイサム)の顔をなめるシーンがあります。

総評

プロの運び屋が事件を巻き起こすアクション映画です。
『トランスポーター』の続編です。
今回もジェイスン・ステイサムが派手に暴れ、敵をバッサバッサと倒していきます。

ラブシーンはありませんが、敵の親玉の恋人ローラ(ケイト・ノタ)がかなりエッチです。
まず衣装がほぼ下着なので、目のやり場に困ります。
さらに、裸もチラチラ映るシーンがあります。

ラブシーンが無いとはいえ、家族で見ているとヒヤッとするかもしれません。
ローラ(ケイト・ノタ)も狂ったように強いので、いやらしい感じはしないのですが…

ちなみに、今回はジェイスン・ステイサムが洋服を脱ぐシーンはそれほど多くありません。
前作ではこれでもかというほど肉体美を見せていたのに、今回はどうしたのでしょうか?

あらすじ

トランスポーター業から足を洗い、マイアミにやって来たフランク(ジェイスン・ステイサム)。
彼は裕福なビリングス家の6歳になる一人息子、ジャック(ハンター・クラリー)の送り迎え係として穏やかな日々を過ごしていた。
しかし、ある日、ジャックの定期健診のために訪れた病院で、2人は何者かに襲われてしまう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

 

『トランスポーター2』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2020/05/30時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, , , ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.