洋画

『A.I.ライジング』のラブシーン

更新日:

総合エッチ度:★★★★★(家族で見れません!)

予告映像

主な出演者

  • セバスチャン・カヴァーツァ
  • ストーヤ

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):あり

下半身(おしり):あり

下半身(性器):あり

下着姿・その他:なし

  • アンドロイドとして登場するニマーニ(ストーヤ)は全編の半分以上は全裸です。性器についてはボカシが入っています。

男性のヌード・下着姿

上半身:あり

下半身(おしり):あり

下半身(性器):なし

下着姿・その他:なし

  • ミルーティン(セバスチャン・カヴァーツァ)が全裸になるシーンが多数あります。

キスシーン

フレンチキス:あり

ディープキス:あり

  • ミルーティン(セバスチャン・カヴァーツァ)とニマーニ(ストーヤ)のキスシーンは何度も登場します。

ベッドシーン(濡れ場):あり

  • 特に映画前半は半分以上がベッドシーンです。服を着たまま無理やり後ろからレイプするシーンもあります。大事な部分はボカシが入っています。

エッチなセリフ:あり

  • 「セックス」等のセリフは頻繁に登場します。

その他:なし

総評

今回はSFムービー「A.I.ライジング」のご紹介。
セルビアの映画で、有名俳優等は出演しておりません。

この映画、SFものを期待して観ると、とんでもないことになります。
確かに宇宙船に乗り込んで遠い星を目指すのですが、主題はそっちではなく、一緒に乗り込むアンドロイドとの宇宙船内での話になります。
とにかくこの映画はラブシーンの連続です。
そしてアンドロイドのニマーニ(ストーヤ)は大半のシーンが全裸です。
充電しているときですら全裸。
全裸になる必要ある?
とにかく家族で観ることが出来るような内容ではありません。

映像はとても綺麗です。

あらすじ

2148年、国家が消滅した近未来。
宇宙飛行士のミルーティンと女性型アンドロイドのニマーニは、アルファ星への宇宙飛行探査に出発する。
ニマーニは、容姿や性格などミルーティンの好みに合わせてプログラムされていた。
しかしミルーティンはニマーニを人間の女のようにしたくなり、プログラムを強引に変更しようとする。

シネマトゥデイ (外部リンク)

 

『A.I.ライジング』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2021/1/22時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.