洋画

『木曜日に抱かれる人妻』のラブシーン

投稿日:

総合エッチ度:★★★★★(家族で見れません!)

予告映像

主な出演者

  • エバ・アリア
  • ホスエ・ガレロ

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):あり

下半身(おしり):あり

下半身(性器):なし

下着姿・その他:あり

  • フリア(エバ・アリア)がとにかく脱ぎまくります。性器は見えませんが、前半の登場シーンはほぼ全裸です。

男性のヌード・下着姿

上半身:あり

下半身(おしり):あり

下半身(性器):なし

下着姿・その他:あり

  • マヌエル(ホスエ・ガレロ)がとにかく脱ぎまくります。性器は見えませんが、前半の登場シーンはほぼ全裸です。

キスシーン

フレンチキス:なし

ディープキス:あり

  • フリア(エバ・アリア)とマヌエル(ホスエ・ガレロ)がディープキスをするシーンが複数回出てきます。

ベッドシーン(濡れ場):あり

  • 映画前半はほとんどベッドシーンの連続です。

エッチなセリフ:あり

  • オーラルセックス、勃起、セックス等、エッチなセリフが連発します。

その他:なし

総評

今回は不倫ドラマ「木曜日に抱かれる人妻」をご紹介します。
ドミニカ共和国の映画で、ダブル不倫の模様が描かれていきます。
主役のエバ・アリアはミスドミニカに選出されたというだけあって、とても美人です。

もうタイトルを見ればご想像の通りかと思います。
映画冒頭、唐突にラブシーンから始まります。
その後はとにかくエッチなシーンばかりです。
前半は特にほぼラブシーンです。
とても家族で見れるような内容ではありません。
まあこのタイトルの映画を家族で見よう、という人はいないと思いますが。

映画の内容自体はなんとも言い難いですが、不倫ってこんな感じなんだろうな、という感じで妙にリアルです。
最初はお互い盛り上がるけど、時が経つに連れて、離れていくというか…
ちなみに、登場人物は2人だけ、撮影シーンも2人で会う部屋のみ、という感じです。

あらすじ

理学療法士のマヌエルとフリアは偶然、ある晩に出会い、激しい夜を過ごす。
お互い結婚していて、一夜限りの関係のはずだったが、週に1度の関係を続ける二人。
それぞれ結婚関係に複雑な事情を抱えていて、その心の隙間を埋めるように身体を重ねる。
情熱的なセックスをする度に二人は強く心を通わせていき、お互いにとってなくてはならない存在になっていく。
やがてマヌエルはフリアに一緒に暮らそうと提案するが…。

シネマトゥデイ (外部リンク)

 

『木曜日に抱かれる人妻』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2021/1/13時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.