洋画

『エンド・オブ・ウォッチ』のラブシーン

投稿日:

総合エッチ度:★☆☆☆☆(家族で見れるレベルです)

予告映像

主な出演者

  • ジェイク・ギレンホール
  • マイケル・ペーニャ
  • アナ・ケンドリック
  • ナタリー・マルティネス
  • フランク・グリロ
  • デヴィッド・ハーバー

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):なし

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:あり

  • メキシカンマフィアのパーティーで、屋根の上で女性が水着姿?下着姿?で踊っているシーンがあります。

男性のヌード・下着姿

上半身:あり

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:なし

  • テイラー(ジェイク・ギレンホール)が上半身裸でベッドで寝ているシーンがあります。

キスシーン

フレンチキス:なし

ディープキス:あり

  • メキシカンマフィアが女同士でディープキスをするシーンがあります。
  • テイラー(ジェイク・ギレンホール)が彼女とベッドでキスをするシーンがあります。

ベッドシーン(濡れ場):なし

ベッドシーンは一切出てきません。

エッチなセリフ:あり

  • 「ヤリマン」「セックス」等のセリフが出てきます。

その他:なし

総評

今回はアクションムービー「エンド・オブ・ウォッチ」のご紹介です。
ロサンゼルスきっての危険地帯を巡回中に犯罪組織の秘密に触れたことで、命を狙われるはめになった警官コンビの運命を描くクライム・アクション。
犯罪最前線で常に死と隣り合わせの危険な任務に当たる警官たちの日常と固い絆が描かれています。

エッチなシーンはほぼありません。
多少エッチなセリフが出てきたりしますが、警察の会話だったり、ギャングの会話だったりなので、あまりエッチに聞こえません。
家族で見てもそれほど気にならないはずです。

日本では考えられないような犯罪がアメリカでは起きるんですかね。
ほんとこういう映画を見ると日本人で良かったと思います。
ジェイク・ギレンホールの坊主頭はなかなか新鮮です。

あらすじ

ロサンゼルスの重犯罪多発地区サウス・セントラルを担当する白人巡査テイラー(ジェイク・ギレンホール)とメキシコ系巡査ザヴァラ(マイケル・ペーニャ)は、固い絆で結ばれた警官コンビ。
パトロール中に通報を受けて向かった家で、図らずもメキシコ麻薬カルテルの秘密に触れてしまう。
組織の怒りを買った二人は命を狙われてしまい……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

 

『エンド・オブ・ウォッチ』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2021/3/28時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, , , , , ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.