洋画

『セックス・トラフィック 悪夢の週末』のラブシーン

投稿日:

総合エッチ度:★★☆☆☆(ギリギリ家族で見れるレベルです)

予告映像

主な出演者

  • ポーラ・パットン
  • オマー・エップス
  • ロゼリン・サンチェス
  • ラズ・アロンソ
  • ミッシー・パイル
  • ウィリアム・フィクトナー

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):あり

下半身(おしり):あり

下半身(性器):なし

下着姿・その他:あり

  • ブレア(ポーラ・パットン)がランニング後に上半身下着姿でジュースを飲んでいるシーンがあります。
  • ブレア(ポーラ・パットン)が水着のような服を着てベッドで寝ているシーンがあります。乳首浮いてます。
  • ブレア(ポーラ・パットン)が上下下着姿でプールで泳ぐシーンがあります。
  • ブレア(ポーラ・パットン)がプールサイドでトップレスになります。チラッとですが見えています。

男性のヌード・下着姿

上半身:あり

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:なし

  • ジョン(オマー・エップス)がプールサイドで上半身裸になっているシーンがあります。

キスシーン

フレンチキス:あり

ディープキス:あり

  • ジョン(オマー・エップス)とブレア(ポーラ・パットン)がキスをするシーンが沢山出てきます。

ベッドシーン(濡れ場):あり

  • ジョン(オマー・エップス)とブレア(ポーラ・パットン)が車の中で服を着たままセックスをするシーンがあります。時間は短いです。何も見えません。

エッチなセリフ:なし

エッチなセリフは一切出てきません。

その他:あり

  • 拘束されたブレア(ポーラ・パットン)が犯人グループのリーダーに身体を触られるシーンがあります。

総評

今回はサスペンス映画「セックス・トラフィック 悪夢の週末」のご紹介。
町から遠く離れた山間の別荘で週末を過ごすカップルが、道中で残忍なバイカーたちに遭遇したことで、命懸けの恐怖の体験をするお話。
人身売買がテーマになっており、かなり恐ろしいです。

映画のタイトルはかなり過激ですが、中身的にはそれほどエッチなシーンはありません。
露骨な性描写とかはなく、かなりマイルドです。
ただ、イチャイチャしているシーンはかなりあるので、家族で観るにはギリギリといったところでしょうか。

人身売買とか、日本じゃ考えられないですね。
それにしても、ヒロインのポーラ・パットンの化粧がすごい。頬紅赤すぎ。

あらすじ

友人のダレン(ラズ・アロンソ)とマリア(ロゼリン・サンチェス)と週末を楽しんでいたブレア(ポーラ・パットン)とジョン(オマー・エップス)のもとに思いがけない訪問者が現れ、そこからギャングとの命懸けの闘いが始まった。
バイカーたちは実はある裏社会に関わるギャングたちだったのだ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

 

『セックス・トラフィック 悪夢の週末』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2021/2/3時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, , , , , ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.