洋画

『トランスフォーマー 』のラブシーン

更新日:

総合エッチ度:★☆☆☆☆(家族で見れるレベルです)

予告映像

主な出演者

  • シャイア・ラブーフ
  • ミーガン・フォックス
  • レイチェル・テイラー
  • ジョシュ・デュアメル

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):なし

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:なし

女性のヌード・下着姿は一切出てきません。

男性のヌード・下着姿

上半身:あり

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:なし

カタールに駐在するアメリカ軍の軍人たちが一部上半身裸でウロウロしているシーンがあります。

キスシーン

フレンチキス:あり

ディープキス:なし

カップルでのキスシーンはありますが、爽やかです。

ベッドシーン(濡れ場):なし

ベッドシーンは一切出てきません。

エッチなセリフ:あり

  • 主人公に「ベッドの下のエロ本はマイルズのだ」というセリフがあります。
  • オートボットの1人・ラチェットに「この少年は女性との交尾を望んでいる」というセリフがあります。
  • 主人公の母親に「もしかして自慰してたの?」というセリフがあります。

その他:なし

総評

金属生命体であるロボットたちが地球で戦争を始める、という物語の第1作。
王道のアクション映画です。

日本でも超大ヒットしたシリーズ第1作。
後半以降はロボットたちが大暴れしているシーンが多く、性的な描写はありません。

お笑い要素として、少しエッチなセリフが多少出てきますが、笑って見過ごせる範囲です。

家族で鑑賞したとしても気まずくなるということはありません。
むしろ、家族で鑑賞したら盛り上がる映画でしょう。

あらすじ

2003年、火星にビークル2号探知機を打ち上げるが、火星に到着後NASAとの交信が途絶えてしまう。
その後、アメリカ、パリ、東京、さらにはアメリカ大統領の乗るエアフォース・ワンの機内など、世界中の至るところで同時期に奇妙な現象が起きる。
人間たちは、それが地球上のあらゆるテクノロジーをスキャンする知能を持つ“金属生命体”のしわざだとは知らず……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

 

『トランスフォーマー』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2019/05/20時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, , , ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.