洋画

『エリザベス -狂気のオカルティズム-』のラブシーン

投稿日:

総合エッチ度:★☆☆☆☆(家族で見れるレベルです)

主な出演者

  • エリザベス・スマート
  • アラナ・ボーデン
  • スキート・ウールリッチ
  • ディアドレ・ラヴジョイ

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):なし

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:あり

  • エリザベスが着ている服を脱がされるシーンがあります。背中だけ見えますが、他は見えません。

男性のヌード・下着姿

上半身:なし

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:なし

男性のヌード・下着姿は一切出てきません。

キスシーン

フレンチキス:あり

ディープキス:なし

  • 犯罪者の男がエリザベスに無理やりキスをするシーンがあります。

ベッドシーン(濡れ場):なし

ベッドシーンは一切出てきません。

エッチなセリフ:あり

  • エリザベスは毎日レイプをされているため、レイプについて語るシーンがあります。

その他:なし

総評

今回は半ドキュメンタリー映画「エリザベス -狂気のオカルティズム-」のご紹介。
実話をもとにした作品で、夫婦に誘拐され生還した少女本人が当時の様子を語りながら、再現されています。

エッチなシーンはありません。
レイプされたことを語るシーンがありますが、とてもそんな目線で観ることができないぐらい、痛々しい内容です。
家族で見て気まずくなるようなシーンはありませんが、家族で見て楽しめる内容ではありません。
Amazonでは「+16」指定となっていますが、なぜ指定されているのかは不明です。

タイトルのとおり、狂気に満ちた犯罪者です。
エリザベス本人も当時の様子を普通に語っていますが、こんなに立ち直れていることが不思議です。
私だったらとても無理。

あらすじ

2002年にアメリカのユタ州で当時14歳だったエリザベスが自宅の寝室で誘拐された。
山中での過酷な生活と虐待。
偽りの宗教にのめりこむ夫婦との地獄のような生活から、彼女はいかにして生還したのか?
エリザベス本人の証言も交えながら、全米を震撼させた衝撃的な事件の真相が今、語られる!

シネマトゥデイ (外部リンク)

 

『エリザベス -狂気のオカルティズム-』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2021/1/29時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, , , ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.