洋画

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のラブシーン

更新日:

総合エッチ度:★☆☆☆☆(家族で見れるレベルです)

予告映像

主な出演者

  • トム・ハーディ
  • シャーリーズ・セロン
  • ニコラス・ホルト

女性のヌード・下着姿

上半身(胸):あり

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:あり

  • イモータン・ジョーが支配する砦で、母乳を搾乳しているシーンがあります。
    乳首は映りません。
  • フュリオサ(シャーリーズ・セロン)と一緒に逃亡した若い女性達の服装がほとんど下着に近いです。
    また、その女性達の1人は、乳首が透けています。

男性のヌード・下着姿

上半身:あり

下半身(おしり):なし

下半身(性器):なし

下着姿・その他:なし

イモータン・ジョーの手下の男たちは基本的にみんな上半身裸で登場します。

キスシーン

フレンチキス:なし

ディープキス:なし

キスシーンは一切出てきません。

ベッドシーン(濡れ場):なし

ベッドシーンは一切出てきません。

エッチなセリフ:あり

フュリオサ(シャーリーズ・セロン)と一緒に逃亡した若い女性達の1人に「ペニスのような形をした銃」というセリフがあります。

その他:なし

総評

荒廃した近未来を舞台にしたSFアクション映画です。
マッドマックスシリーズの第4です。
私は知らなかったのですが、第1作は1979年公開で、メル・ギブソンが主演だったんですね。

ありえないような世界観の話で、エッチなシーンはほとんどありません。
気になるのは、イモータン・ジョーが支配する砦で、母乳を搾乳しているシーンでしょうか。
しかし、搾乳されているのは太ったおばさんばかりで、まるで牛の乳搾りです。
まったくエッチではありません。
むしろ、ちょっと見たくないシーンです…

フュリオサ(シャーリーズ・セロン)と一緒に逃亡した若い女性達が皆きれいなので、露出度の高い姿が印象的です。
ただ、映画全体の世界観が、生きるか死ぬかの世界での対決なので、エッチな方にフォーカスが当たっておらず、気にならないです。

家族で見ても気まずいということにはならないでしょう。

あらすじ

資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。
そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。
マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。

シネマトゥデイ (外部リンク)

 

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』はAmazonプライム・ビデオで鑑賞可能です。(2020/06/28時点)
Amazonプライム・ビデオの無料期間を使えば無料で観れますので、ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから

広告



広告



-洋画
-, , ,

Copyright© Origami Village , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.